iPhoneの進化とその機能を知っていこう!
初代の衝撃とは

iPhoneが初めて発表されたのは2007年の1月9日です。「MacWorld Expo2007」にて突然発表されたため大きな反響を集めました。AppleのCEOでありiPhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブズ氏が提唱したデジタルオーディオプレイヤーと携帯電話、さらにインターネットや電子メールなどのウェブ機能を搭載しているiPhoneは世界規模で見ればかなり斬新なものだったため、アメリカ国内では非常に注目されました。

その反響は発売初日にて既に現れます。同年6月29日のアップルストアにはiPhoneを購入したい多くの人々によって長蛇の列が生まれます。これによってアメリカ国内においてiPhoneはスマッシュヒットを叩き出したのです。当時はアメリカ国内でのみの発売だったため、全世界を視野に入れたマーケティングがこの頃から展開されていたと予想されます。

しかし、このマーケティングにおいても販売において未知数だと言われていたのが日本です。何故なら日本は独自の携帯が流通しており、iPhoneが持っていた機能を通常の携帯が常に搭載していたからです。いわゆる「ガラケー」と呼ばれる文化が確固たる地位を持っていたのです。しかし、その後どのような展開になったのかは、最早言うまでもないでしょう。