iPhoneの進化とその機能を知っていこう!
現在のベースモデル

iPhone3GSは2009年の6月9日に行われた「WWDC 2009」にて発表されました。日本では同年の6月26日に発売され、こちらも大ヒットを記録することになります。その特徴としてはiPhone3Gと比べて性能が2倍以上に進化していることを表します。7.2MBPS HSDPAに対応したことによって、サクサクとしたブラウジングが可能になっています。iPhone3GSの「S」が表している通り、スピード感のある操作性が魅力とされていたのです。

また、カメラ機能も300万画素にアップグレードされており、10cmまでの接写が可能となるマクロ機能やオートフォーカス機能も搭載。さらには動画撮影が可能となったことによってされたことによってデジタルカメラの代わりにiPhoneを購入するというユーザーもこの時あたりから誕生し始めました。今では当たり前になったスマートフォンのカメラが高性能という風潮もiPhoneが作り出したと言って間違いないでしょう。

また、音声コントロールやデジタルコンパス、アクセシビリティなどの今のiPhoneに搭載されている機能がこの頃から追加されているため、「現在のiPhoneのベース」としてiPhone3GSを捉える人も少なくありません。さらにMMSに対応したこともあり、softbank.ne.jpのメールアドレスを送受信することも可能になりました。