iPhoneの進化とその機能を知っていこう!
遺品となった逸品

2011年の10月5日に発表されたiPhone4sはAppleにとって、そしてAppleファンにとって特別なものとなります。それはスティーブジョブズ氏の遺品だからです。IT業界の革命を起こしたスティーブジョブズ氏の功績はたとえAppleファンでなくても知っているほど大きなものであり、その中でもiPhoneはモバイルデバイスという概念を超えた大きな生活革命を起こした製品となりました。それだけにiPhone4sは注目を集めたのです。

そのiPhone4sは期待を裏切らない素晴らしい性能を搭載していました。グラフィック性能はCPUにApple5を搭載したこともあり、前作のiPhone4と比べて7倍と比べ物にならないほどの性能を持っていました。また、フルHD動画撮影が可能であったり、800万画素での静止画撮影ができるなど、当時のデジカメ並みのカメラ機能も大きく話題を集めたのです。

さらに、それだけでなくサービス面においても新しい試みが実施されました。まず、Apple社が提供するクラウドサービス「iCloud」です。こちらはiPhoneでデータを管理するのではなくウェブ上でデータを保管するというもので、スマートフォンのトップシェアを誇るiPhoneに搭載することによってクラウドサービスが急速に進んでいきました。